一霊四魂の起源 

一霊四魂のそれぞれの要素は、神様の名前として、すでに日本書記(720年)に出てきます。

 天帝から、大物主命(おおものぬしのみこと)は、少彦名命(すくなひこなのみこと)の二人で、地上建設を命ぜられます。大物主命の別名である大国主命(おおくにぬしのみこと)は、「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ)の童話で有名で、あなたも名前を聞いたころがあると思います。

二人は絶妙のコンビで仕事にまい進しますが、相棒の少彦名命は「黄泉(よみ)の国」に行ってしまいます。つまり、死んでしまったのです。相棒を失った大物主命(大国主命)は、落胆し、海に向かって「おれはこれからどうやって地上建設をやっていったらいいんだー」と叫びます。

 すると、水平線のかなたから、光の玉がやってきて、大物主命の目の前で止まります。大物主命は「なんじは誰ぞ」と問います。すると、その光りは、「私はあなたのさちみたま(幸魂)、くしみたま(奇魂)です」と答え、大国主の体内に入ったのです。

これは少彦名命が、奇魂(智)と幸魂(愛)の魂だったことを示しています。それでは、大国主命の魂は何だったのでしょか?日本書紀には、書いてありませんが、大国主命は、荒魂(勇)と和魂(親)を持っていたのだと思います。

天帝は、二人で勇親愛智を合せ持つ完璧な魂にして地上建設に送り込んだと考えられます。大国主命は、少彦名命の2つの奇魂と幸魂の光を体内に取り込むことで、ついに完璧な魂を持つことになって地上建設を行うことができたのです。

この神話は、4つの魂があってはじめて、人は天から命じられた仕事(天職)が完璧にできることを示唆していると私は思っています。日本には、1300年前にすでに優れた心の構造の考えがあって、それが現代にも密やかに伝えられています。

一霊四魂の構造は、江戸時代には本田親徳(ほんだちかあつ)という国学者、明治になって、出口王仁三郎によってまとめられています。「犬夜叉」という漫画に出てくる四魂の玉も、この日本古来の魂の考え方に基づいているのです。



一霊四魂の構造

心は、4つの魂とそれを統御する一つの霊から成り立っています。四つとは、荒魂、和魂、幸魂、奇魂であり、一霊は直霊(直毘)という神様の名前がついています。荒魂の働きは「勇」で前進する力、和魂の働きは「親」で調和する力、幸魂の働きは「愛」で愛し育てる力、奇魂の働きは智で真理を探究する力です。人によってそれぞれの魂の強弱が異なり、その組み合わせによって個性(性格)ができていると考えるのです。

そして、これら四つの機能を統括するのが、省みる力を持った一霊「直霊」(なおひ)です。私たちは、自分がした行動や自分に浮かぶ考えや想いに対して、「こんなことをしたらダメ」「やりすぎだよ」「そんなことを考えたら良くない」「言わなきゃよかった」と、省みることがあります。つまり、自分の思いや行動をもう一人の自分が正しているのです。

さらに、この反省する力によって、それぞれ4つの魂を磨くことができ、人格が成長するという考え方が、日本古来の魂の構造なのです。この直霊は、人間の精神にとって最も大切な機能であり、認知心理学では「メタ認知」と呼ばれています。仏教では「観照者」、キリスト教では「プロビデンスの目」(全能の目)、古くはエジプトで「ホルスの目」、日本の室町時代には世阿弥によって「離見の見」と呼ばれたモノに匹敵すると考えられます。

これは、私たち自身が日常で観察することにも合致しますよね。これが千数百年も前に既にできあがっていた考えだとしたら、素晴らしいですね。


> 日本古来の「一霊四魂」と西洋の「5因子論」とを比較します

あなたの悩みを解決して
魂を元気にする2つの質問

出口光オフィシャルメールマガジン

人生や世界を洞察し
あなたの人生に活かす
出口光オフィシャルメールマガジン

あなたを力づける4人のナイト
癒されナイト

揺るぎない人生を生きる
リーダーのための実践哲学
天命と経営